増える男性看護師 | 看護師転職サイトの比較は[看護師求人サイト人気ランキング.net]

増える男性看護師

男性看護師

以前は看護婦と呼ばれていましたが、今は看護師になり、このところ男性看護師の就業人数が増加しています。男性看護師の人数が増えるきっかけになったのは、男女雇用機会均等法(1985年)と考えられています。2012年には就業看護師の6.2%にあたる約63000人が男性看護師でした。最近の看護学生数は、入学者全体の10%を超えており、今後さらに男性看護師が増加する傾向にあります。

 

◎就業看護師数(2012年)
女性:952,423 (93.8%)
男性:63,321 (6.2%)年々増加傾向
合計:1,015,744
参考資料:厚労省 平成24年度衛生行政報告例

 

◎給与面
<平成24年 男性看護師給料データ>
平均年収:488万円(女性看護師:470万円)
参考資料:平成24年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

 

◎男性看護師の配属が多い職場
・手術(オペ)室
・精神科
・救命救急
・透析室

 

◎男性看護師ならではのニーズとは・・・
やはり患者さんのベッドへの移動や、長時間のオペ、精神科の患者さんが暴れた場合の対応等で体力や力仕事が必要な科には男性看護師の配属が多いようです。思春期の男性にとっては女性看護師だと緊張したり、女性にケアされることや、相談をすることがすごく恥ずかしかったりする男性患者さんには、同性の男性看護師のほうが気軽に話ができるのでいいケースもあるようです。逆もまたしかりで、女性の場合も同じようなことが言えます。

★男性看護師の転職に役立つ>>転職サイトランキングはこちら

 

 

  LINEで送る