ナースが転職で利用するもの | 看護師転職サイトの比較は[看護師求人サイト人気ランキング.net]

ナースが転職で利用するもの&サービス

ナース転職

★看護師さんの転職でもスマートフォン利用者が急増中!
パソコンやスマートフォンの普及で、インターネットを屋内・外で利用して転職・就職活動をする人が20代の若者から30代を中心に増加しています。空いた時間、暇な時間に簡単にインターネットに接続できる環境が日本国内にも整備されつつあります。マクドナルドやスターバックス、駅構内でも接続スポットが増えている為、下記の利用動向にもありますように、特にスマートフォンの利用者が急増中。転職サイトやハローワーク側もパソコンとスマートフォンの両方に対応するサイトにしているところも利用者数の増加に合わせて増えました。

【転職活動に利用しているもの】
・パソコン(ノート・デスクトップ)
・スマートフォン
・タブレット
・携帯電話(これまでのケータイ・通称ガラケー)
・電話
・就職転職情報誌

>>★パソコン&スマートフォン両方に対応している転職サイトはこちら

 

【関連情報】
それでは、スマートフォン利用者の状況を簡単なデータで見てみましょう!

■インターネットの利用動向(平成24年)
※家庭内・外の利用比率で、スマートフォンが従来型の携帯電話を逆転!

 

【家庭内でのインターネット利用端末】
・自宅のパソコン:66%
・スマートフォン:17.4%
・携帯電話:12.5%
・タブレット端末:2.3%
・その他:1.9%

 

【家庭外でのインターネット利用端末】
・自宅のパソコン:37.3%
・スマートフォン:27.8%
・携帯電話:18.8%
・タブレット端末:1.4%
・その他:14.7%

 

最近、電車内や屋外でスマホを操作している人が年齢にかかわらず多くなっていますよね。
※上記は平成24年総務省のデータのため、現在はより一層スマートフォン利用者の比率はアップしていると考えられます。
※「その他」には、家庭内ないし家庭外では利用しないとの回答を含む。

ナース転職

■インターネットの世代別利用状況
20歳〜29歳では、スマートフォンが従来型の携帯電話を逆転しました。
やはり、就職活動や転職活動においても、日増しに、スマートフォンの利用比率が高まってきています。それに対応して転職サイト側の画面デザインもパソコンとスマートフォンの両方にレスポンシブに対応してきているところが増えてきています。

 

【20歳-29歳】
・自宅のパソコン:78.9%
・スマートフォン:70.6%
・携帯電話:51.7%
・タブレット端末:10.2%

 

【30歳-39歳】
・自宅のパソコン:75.4%
・携帯電話:55.0%
・スマートフォン:54.8%
・タブレット端末:12.8%

(参考資料:総務省の平成24年通信利用動向調査の結果)

 

>>★パソコン&スマートフォン両方に対応している転職サイトはこちら


ナースが転職で利用しているサービス・方法

現在、医療業界の転職(医師・看護師・薬剤師)において、民間の転職支援サイトのサービスを利用する方が大変増えきています。その理由としては、情報量とその内容(職場での人間関係や求人票ではわからない情報)と専門のプロのコンサルタントのスピーディでかつ的確な対応があげられます。また、現在の職場で働きながらでも、コンサルタントが代行して、求人情報のチェック&提供や面接の日程調整、面接のアドバイス、給料や勤務条件交渉まで転職に関わる細部に至るまでサポートしてくれるのが利用者増加の要因でもあります。
※求人を依頼した医療機関が費用を支払うため、転職サイトのサービスは全て無料で利用できます。

【ナースが転職で利用しているサービス・方法】
転職支援サービス・転職サイト(民間企業)
・ハローワーク(厚生労働省)
・ナースセンター(公益社団法人・日本看護協会)
・直接応募する
・知人の紹介
※本サイトでは厚生労働省の認可企業が運営する転職サイトをご紹介

>>★看護師転職サイトランキング

 

 

  LINEで送る